FC2ブログ
OK-ONE動物病院で日々、行っている診療の様子です。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
2016年01月18日 (月) | 編集 |
尿結石の元になる結晶が尿道に詰まって尿道を塞ぐと、急性腎不全を起こし、状況によっては死亡する場合もあります。
雌猫も雄猫も尿石症の発生率は同じですが、圧倒的に雄猫の方が重症になります。
雄猫は尿道が細く長いので、結晶が詰まりやすいためです。
結晶ができる原因には、肥満、ストレス、膀胱炎、食生活などが関係していると言われています。
治療は急を要する場合が多いですが、殆どの場合、尿道内の結晶の詰まりを尿道カテーテルを挿入して解除した後、
内服薬と特別療法食での内科的治療で治っています。
しかし、再発を繰り返す場合や、尿道の内壁がひどく傷つき尿道狭窄(尿道が狭くなる)を起こした場合、尿道の先端が損傷して
排尿困難になった場合は、雄猫の尿道を雌猫のように短く太くする会陰尿道口設置術が必要になります。
手術後は同様に内科的治療を行いますが、手術した尿道が狭窄することはなく、特別療法食あるいはサプリメントで尿石症の再発を予防することができます。
【手術前の状態】
IMG_20140708_130547_convert_20160126102756.jpg
【尿道にカテーテルが入っている状態】
IMG_20140708_152514_convert_20160126103001.jpg
【手術終了】
IMG_20140708_152453_convert_20160126102947.jpg

愛媛県東温市野田1-18-1
OK ONE動物病院



2015年09月05日 (土) | 編集 |
木村チョコちゃん (フレンチ・ブルドック) 4歳10か月 ♀

IMG_5689_convert_20150914124139.jpg  IMG_5693_convert_20150914124422.jpg





<飼い主さんコメント>
2度目の椎間板ヘルニアを発症したのが、今年の4月15日でした。前回と同じ症状だったので、再発だろうなとは思っていたのですが、今回はレベル4で重症でした。
幸い脊椎軟化症は発症しなかったので、それだけは救いでしたが、歩くことは出来ず、おしっこもしぼってやらないと出ないという現実に落ち込んでしまいました。
命がある限りできることはしてやりたいなぁ・・・という家族の思いがあったので、主人がネットでOK-ONE動物病院の鍼治療を見つけた時は早速に病院に向かってました。
今思えば、かかりつけでもないし、予約はしていないし、紹介状がある訳でもないのに、心よく対応していただいた事、感謝しています。本当にうれしかったです。
始めのお話で、おしっこが自分で出せない状態では、鍼治療の効果(歩くこと)は期待できないということでしたが、3週間毎日通っている途中で、自分でおしっこを出せるようになりました。
半信半疑だったけど、そのこと自体相当うれしかったです。
鍼治療をして良かったなぁって思います。
先生には感謝の気持ちでいっぱいです。スタッフの方も、何を聞いても優しく答えて下さって、とても安心できます。これからもまだまだお世話になると思いますが、よろしくお願いします。

<獣医師コメント>
チョコちゃんは、いつも元気にウォンウォンとあいさつをしてくれます。
1回目の椎間板ヘルニアの手術が2014年8月。術後の経過も良く、普通に歩くことができていたとのこと。
2回目に手術は2015年4月。術後の経過が良くなく、歩くことも自力で排尿することもできず、飼い主さんが用手排尿を続けていました。
当院には2015年5月12日、初診で来院されました。
チョコちゃんは、両後肢を引きずり、一生懸命前肢だけで歩いています。
自力で排尿できるようになればいいな、との思いで鍼治療を開始しました。
最初は皮膚が硬く、鍼を刺すのもなかなか大変でしたが、回を重ねるごとに皮膚が柔らかくなり、皮膚の強張りがなくなっていくのを実感しました。
自力で排尿できるようになり、本当によかったと思います。
今は車イスを買ってもらい、前肢を使って元気に走り回っているそうです。


IMG_5680_convert_20150914124525.jpg  IMG_5686_convert_20150914124454.jpg




愛媛県東温市野田1-18-1
OK-ONE動物病院



2015年07月25日 (土) | 編集 |
小さい頃から、足先・耳・しっぽ・口回り・・・など、体のどこを触っても嫌がらないように、慣れさせます。
爪切りやブラッシング、耳掃除などのお手入れは、ワンちゃんにとっては必要不可欠です。仔犬のうちから慣れさせておくことで、お手入れを嫌がることなく、スムーズに行うことができます。
大きくなってからいきなりお手入れを始めようとしても、触られることに慣れてないわんちゃんは嫌がります。
「耳を触ったら嫌がるんです・・・」「爪切りしようと思ったら咬んでくるんです・・・」「口のまわりを触ろうとすると怒るんです・・・」「大暴れするから疲れる・・・」などと悩んでる飼い主さんも多くいらっしゃいます。


仔犬クラスでは、お手入れ=良いこと♪というイメージを与えつつ、楽しくお手入れする方法もトレーニングします。


ないるちゃん♪


ないるちゃん ブラッシング♪



HAPPYちゃん♪


HAPPYちゃん  ブラッシング♪



ゆめちゃん♪


ゆめちゃん ブラッシング♪