OK-ONE動物病院で日々、行っている診療の様子です。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年09月05日 (土) | 編集 |
木村チョコちゃん (フレンチ・ブルドック) 4歳10か月 ♀

IMG_5689_convert_20150914124139.jpg  IMG_5693_convert_20150914124422.jpg





<飼い主さんコメント>
2度目の椎間板ヘルニアを発症したのが、今年の4月15日でした。前回と同じ症状だったので、再発だろうなとは思っていたのですが、今回はレベル4で重症でした。
幸い脊椎軟化症は発症しなかったので、それだけは救いでしたが、歩くことは出来ず、おしっこもしぼってやらないと出ないという現実に落ち込んでしまいました。
命がある限りできることはしてやりたいなぁ・・・という家族の思いがあったので、主人がネットでOK-ONE動物病院の鍼治療を見つけた時は早速に病院に向かってました。
今思えば、かかりつけでもないし、予約はしていないし、紹介状がある訳でもないのに、心よく対応していただいた事、感謝しています。本当にうれしかったです。
始めのお話で、おしっこが自分で出せない状態では、鍼治療の効果(歩くこと)は期待できないということでしたが、3週間毎日通っている途中で、自分でおしっこを出せるようになりました。
半信半疑だったけど、そのこと自体相当うれしかったです。
鍼治療をして良かったなぁって思います。
先生には感謝の気持ちでいっぱいです。スタッフの方も、何を聞いても優しく答えて下さって、とても安心できます。これからもまだまだお世話になると思いますが、よろしくお願いします。

<獣医師コメント>
チョコちゃんは、いつも元気にウォンウォンとあいさつをしてくれます。
1回目の椎間板ヘルニアの手術が2014年8月。術後の経過も良く、普通に歩くことができていたとのこと。
2回目に手術は2015年4月。術後の経過が良くなく、歩くことも自力で排尿することもできず、飼い主さんが用手排尿を続けていました。
当院には2015年5月12日、初診で来院されました。
チョコちゃんは、両後肢を引きずり、一生懸命前肢だけで歩いています。
自力で排尿できるようになればいいな、との思いで鍼治療を開始しました。
最初は皮膚が硬く、鍼を刺すのもなかなか大変でしたが、回を重ねるごとに皮膚が柔らかくなり、皮膚の強張りがなくなっていくのを実感しました。
自力で排尿できるようになり、本当によかったと思います。
今は車イスを買ってもらい、前肢を使って元気に走り回っているそうです。


IMG_5680_convert_20150914124525.jpg  IMG_5686_convert_20150914124454.jpg




愛媛県東温市野田1-18-1
OK-ONE動物病院

スポンサーサイト


2015年06月01日 (月) | 編集 |
井上ロンちゃん(M・ダックス) 12歳 ♂

123756_convert_20150601163327.jpg

<飼い主さんコメント>
現在12歳のミニチュアダックスを飼っていますが、一昨年の年末に急に歩くことができなくなりました。首の椎間板ヘルニアとのことで、手術を行いました。
術後の経過もよく、普通に生活していたのですが、今年の2月、急にキャンと吠えて痛がり出したので、手術をしてくださった病院へ連れて行き治療を行っていました。
ネットでいろいろ調べていると、鍼治療をしている病院があるのを見つけて、OK-ONE動物病院へ通うようになりました。
それまで、鎮痛剤で痛みを抑えていたのですが、効果が切れる頃になると痛がっていました。それが初日の鍼治療をしていただいた直後から効果が現れ、痛がらなくなりました。
1週間続けて治療していただいたのですが、その頃には全然痛がることもなくなっていました。
私がフルタイムで仕事をしているため、診察時間に連れてくることが難しいことを伝えると、朝8時から受け付けて下さり、仕事を終えてからのお迎えまで預かっていただけたことも、大変助かり、ありがたかったです。
今も痛み等ないようで、元気に過ごしており、本当に感謝しております。


<獣医師コメント>
最初は、ロンちゃんのこれまでの経過、鍼治療を希望されていること、かかりつけの病院で紹介状をもらって来られることをスタッフから報告されていました。しばらくすると、かかりつけ病院の先生から連絡があり、ロンちゃんが高齢のため、飼い主さんは再手術を希望されておらず、鍼治療で治ればそれに越したことはないので、治療をお願いしますとのことでした。
来院時、ロンちゃんは1週間前から痛みが出てきて、鎮痛剤を内服、頸部を分厚く綿花を巻いて固定していました。寝返りを打ったときなど、ちょっとした拍子に痛みが出るとのこと。
頸部椎間板ヘルニアは腰部椎間板ヘルニアに比べて少なく、手術も難しいと思いますが、鍼治療に関しても難しいことが予想されます。
そのことを飼い主さんに伝え、ステロイドとビタミン剤の内服に鍼治療を組み合わせ、治療開始です。
治療1日目から、痛みが次第に取れていくのがわかりました。
最初は痛みのためか、おとなしく、回を重ねるたびに元気に動き、よく吠えるようになっていきました。
頸部の固定も取れ、元気に歩き回っている姿を見ると治療の効果があって、本当によっかたと思います。


トリミングをしてさらにイケメンになったロンちゃん。
撮影中はスタッフにかわいい♪かわいい♪と大人気でした

IMG_5477_convert_20150522172908.jpg


IMG_5490_convert_20150522172954.jpg


2015年04月15日 (水) | 編集 |
北平地かねこちゃん(ミニチュア・ダックスフンド)
114900_convert_20150410165752.jpg


<飼い主さんコメント>
ミニチュア・ダックッスのかねこ 14歳
縁の始まりは、ある日原因も分からずお腹がパンパンになったこと。
先生から受けた手術により命びろいして3年。
天性の能天気により再発もなく元気に過ごしていました。
2014年7月25日朝、トイレに行くまでの途中でおしっこを漏らして、そのままぐったりしているかねこ。動けない。下半身が麻痺しているみたい。すぐOK-ONE動物病院に電話して受診すると、
先生より「椎間板ヘルニアの可能性が高いですね。手術か、もしくは鍼治療がありますが、どうされますか?かねこちゃん高齢ですから手術のリスクは考えないといけませんね。」
がーん。かねこにもう会えなくなるのは嫌だ。その思いで鍼治療を決断。治療期間14日間くらいは必要とのこと。
仕事しながらの送り迎えが始まる。
かねこと先生の相性がよっかたのか?鍼治療が体にあったのか?
2日目にして右足に反応あり。少し動き始める~やった!!
治療ごとにぐんぐん良くなり、5日目には両足でふらふらしながらもしっかり歩いてるじゃあないですかっ!
今はすべての治療を終え、しっかりした足取りで元気にお部屋を歩き回るかねこ。
感謝です!
仕事を持ちながらの私にお昼の時間も嫌がらず受け付けて下さった笑顔のスタッフ皆様、そしてなにより先生の神がかり治療!
すべてに感謝しながら晩年もOK-ONE動物病院でお世話になると再決意しているのです。


<獣医師コメント>
かねこちゃんは14歳と高齢で、椎間板ヘルニアの手術をする場合、麻酔に対するリスクが高いこと。そして以前は突発性前庭障害を起こし、後遺症として右斜頸(障害のある方向へ頭が傾く)が少し残り、自分の行きたい方向へは歩けますが、右回りで歩くことが多いことなどから、鍼治療を考えてもらいました。
突発性前庭障害について少し説明を加えると、突発性前庭障害の「突発性」とは原因不明という意味です。
前庭とは内耳の一部で平衡感覚を調整しています。特に老齢の犬に多く発生が見られ、急に首を傾ける斜頸が起こり、ぐるぐる回り続けたり(旋回運動)、眼球が左右あるいは上下に震えたり、ぐるぐる回転したりする(眼球振盪)などの症状が出ます。ひどくなると、転倒したり立ち上がれなくなることもある病気です。


鍼治療 開始時
両後肢わずかに痛覚がありますが歩行不能。ひきずっています。



鍼治療 3回目
右後肢はかなり使えるようになり、左後肢はナックリングはありますが、歩けています。



鍼治療11回目
ナックリングもなくしっかり歩けています。一週間後の診察時もしっかり歩行できており鍼治療終了で経過観察。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。