FC2ブログ
OK-ONE動物病院で日々、行っている診療の様子です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2019年02月20日 (水) | 編集 |
豊竹 空ちゃん W・コーギー13歳 ♀

115877.jpg

●飼主さんコメント
1年以上前から関節炎の影響で後ろ足(左側)を引きずっていたので、薬とサプリメントで様子をみていましたが、突然後ろ足(両足)がまったく動かなくなり、急遽病院へと向かいました。
診察してもらったところ、椎間板ヘルニアの疑いがあるとの診断でした。
手術による治療と鍼による治療について説明を受け、13歳と高齢ということから手術をする場合の麻酔に対するリスクを考え、鍼治療を受けることにしました。
通い始めた頃は力むことができなかったので、治療と並行して排泄介助もお願いしました。
3日目まではお座りをした状態だったのが、伏せをして体を休めることができるようになり、5日目にはヨロヨロと歩けるようにまでなりました。
排尿は腰をあげてできるようになりましたが、排便時にはまだ力が入らず、お座りをしたままで排便するため、お尻でつぶされた状態の便の形でした。
そして1週間経ち、体は斜めになるものの歩けるようになり、排泄も腰を上げてできるようになり、間隔をあけての鍼治療になりました。
鍼治療を始めて2週間、休みながらではあるものの自由に動けるようになり、食欲もわいてきたようで、甘い香りに誘われたのか段ボール箱に頭を突っ込み、りんごをくわえて現れ、笑わせてくれるまでに回復しました。
先生、スタッフの方々には大変お世話になり、とても感謝しております。
これからもよろしくお願いいたします。

●獣医師コメント
空ちゃんは2014年1月頃から後肢に軽い症状(歩行が遅くなる、後肢の震え)が出て、サプリメントを開始。同時に体重オーバー(14kg)だったため、減量をすすめました。
しばらくして、散歩の途中に止まる、階段が登れない、いつも震えている、いつも寝ているなどの症状が出始めたため、レントゲンを撮ると「変形性脊椎症」が認められました。
その後内服薬(ステロイド+ビタミンB1・6・12)とサプリメントの併用により症状は改善。経過をみながら内服薬を中止し、2014年2月からはサプリメントの投与のみになりましたが、なかなか減量は難しいようでした。
2017年8月に体重が16kg近くになったため再度減量をすすめ、減量中の11月(体重13.8kg)に、再び左後肢に軽い症状が出たため内服薬を再開。症状に合わせてサプリメントを併用しました。
2018年12月に突然両後肢が使えなくなり、鍼治療を始めました。
鍼治療2回目には後肢が少し屈伸できるようになり、4回目には腰を上げて2~3歩歩けるようになり、5回目には斜め方向ながらかなりの歩数を歩けるように。さらに9回目にはしっかり立って排便ができるようになりました。
鍼治療の間隔を空けながら順調に回復していき、12回目で鍼治療が終了。歩行状態も良好になりました。
現在体重も10.6kgとベストな状態を保てています。


鍼治療開始時


鍼治療4回目


鍼治療5回目


鍼治療9回目


鍼治療10回目
スポンサーサイト





2019年02月17日 (日) | 編集 |
山内 レオンちゃん  M.ダックス 16歳 オス



●飼主さんコメント
平成30年9月21日にペットのレオンが「椎間板ヘルニア」を発症しました。
かかりつけの動物病院で手術をすすめられましたが、15歳と高齢ということもあり、どうすればいいか悩んでいました。
後ろ足をひきずり、前足だけで動くレオンが見ているだけで痛々しく、途方に暮れました。
そんなときNHKのTV番組で東洋医学(鍼治療)の特集がありました。
それは、レオンと同じように後ろ足をひきずり、前足だけで動こうとするワンちゃんが鍼治療をおこなったところ、以前と同じように回復し、走りまわれるようになったという内容のものでした。
私はそれを見てこれは鍼治療しかない!と思い、『動物病院 鍼治療』で検索したところ、OK-ONE動物病院がヒットしました。
HPでは鍼治療で回復したヘルニアのワンちゃんの動画がアップされており、「ここしかない!」と早速電話予約しました。
9月26日に病院を訪ね、先生から詳しい説明を聞き、翌27日からさっそく鍼治療が始まりました。レオンは標準体重を2kgもオーバーしているポッチャリ君だったので、とにかく痩せなければとダイエットフードをちょっぴりにして、鍼治療とお薬をほぼ毎日続けました。
しばらくして右足に反応が現れ、続いて尻尾を振るようになり、いまいち反応が悪かった左足も反応を示すようになりました。
約1ヶ月の鍼治療を経て、今では少しぎこちないですが、歩いたり走ったりできるようになり、夫婦で「奇跡だ!奇跡だ!」と大喜びの毎日を送っています。体重もほぼ合格ラインまでダイエットでき、約1ヶ月のレオンの鍼治療&ダイエット作戦が無事終了しました。
沖先生、岩本ナース、岡本ナース、受付の黒河さん、加藤さん、本当に誠心誠意レオンのため、家族のために心を尽くしてくださったこと、心から感謝しています。
OK-ONE動物病院に出会わなければレオンはどうなっていたかと考えると怖くなります。
本当にありがとうございました。これからもレオンとの時間を大切に過ごしたいと思います。

●獣医師コメント
レオンちゃんは、他院で診察の翌日後肢が使えなくなり、1週間毎日レーザー治療と、数回の痛み止めの注射をした後来院されました。レントゲンでは骨に異常はなく、皮膚病は1~2か月前から治療中(内服薬)とのことでした。
当院に来院時の体重は6.85kg。
血液検査でALT 797U/L AST 166U/L ALP 1434U/Lと肝機能を表す数値がかなり高く、慢性肝不全。白血球数もやや高い数値でした。皮膚秒は、発現場所と皮膚状態から何かのアレルギーが疑われました。
皮膚の方は神経の改善にも使うステロイドの内服で経過を診ることにし、慢性肝不全は強肝剤と利胆剤の内服で鍼治療と併行して治療していくことにしました。
鍼治療開始6回目で、右後肢を少し動かし動かせるようになり、腰を少し上げた状態で数秒保てるようになりました。
フードは、肝臓に優しく体重を減量できる療法食へ少しずつ移行してもらいました。
鍼治療12回目で右後肢の力が強くなり、皮膚状態もかなり改善しました。
鍼治療15回目には左後肢にも少し力が入るようになり、16回目には振らつきながら2~3秒ですが歩けるようになり、体重も5.5kgになりました。
以後、少しずつ歩行状態が改善していき、鍼治療は27回目で終了。
少し振らつきはあるものの、しっかり歩けています。ステロイドの内服も中止してサプリメントへ切り替えました。
肝機能は、ALT 180U/L AST 30U/L ALP 687U/L で数値はかなり下がりましたが、肝臓のケアは続けています。
体重は4.7kgです。5.0kg前後を維持できればとてもいいと思います。

鍼治療開始時


鍼治療6回目


鍼治療12回目


鍼治療15回目


鍼治療16回目


鍼治療27回目



愛媛県東温市野田1-18-1
OK-ONE動物病院


2015年09月05日 (土) | 編集 |
木村チョコちゃん (フレンチ・ブルドック) 4歳10か月 ♀

IMG_5689_convert_20150914124139.jpg  IMG_5693_convert_20150914124422.jpg





<飼い主さんコメント>
2度目の椎間板ヘルニアを発症したのが、今年の4月15日でした。前回と同じ症状だったので、再発だろうなとは思っていたのですが、今回はレベル4で重症でした。
幸い脊椎軟化症は発症しなかったので、それだけは救いでしたが、歩くことは出来ず、おしっこもしぼってやらないと出ないという現実に落ち込んでしまいました。
命がある限りできることはしてやりたいなぁ・・・という家族の思いがあったので、主人がネットでOK-ONE動物病院の鍼治療を見つけた時は早速に病院に向かってました。
今思えば、かかりつけでもないし、予約はしていないし、紹介状がある訳でもないのに、心よく対応していただいた事、感謝しています。本当にうれしかったです。
始めのお話で、おしっこが自分で出せない状態では、鍼治療の効果(歩くこと)は期待できないということでしたが、3週間毎日通っている途中で、自分でおしっこを出せるようになりました。
半信半疑だったけど、そのこと自体相当うれしかったです。
鍼治療をして良かったなぁって思います。
先生には感謝の気持ちでいっぱいです。スタッフの方も、何を聞いても優しく答えて下さって、とても安心できます。これからもまだまだお世話になると思いますが、よろしくお願いします。

<獣医師コメント>
チョコちゃんは、いつも元気にウォンウォンとあいさつをしてくれます。
1回目の椎間板ヘルニアの手術が2014年8月。術後の経過も良く、普通に歩くことができていたとのこと。
2回目に手術は2015年4月。術後の経過が良くなく、歩くことも自力で排尿することもできず、飼い主さんが用手排尿を続けていました。
当院には2015年5月12日、初診で来院されました。
チョコちゃんは、両後肢を引きずり、一生懸命前肢だけで歩いています。
自力で排尿できるようになればいいな、との思いで鍼治療を開始しました。
最初は皮膚が硬く、鍼を刺すのもなかなか大変でしたが、回を重ねるごとに皮膚が柔らかくなり、皮膚の強張りがなくなっていくのを実感しました。
自力で排尿できるようになり、本当によかったと思います。
今は車イスを買ってもらい、前肢を使って元気に走り回っているそうです。


IMG_5680_convert_20150914124525.jpg  IMG_5686_convert_20150914124454.jpg




愛媛県東温市野田1-18-1
OK-ONE動物病院